読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

展示会で絵が売れるためには・・・

こんにちは、Megです。

 

 

あなたは絵が展示会で売れるために重要なことは

何だと思いますか?

 

f:id:ilust504:20170322232745j:plain

 

絵の上手さ?

セールス力?

 

 

人によって言うことは様々だと思いますが、

 

私は第一に

展示会の場所選び

だと思います

 

本当にこれに尽きると思います。

 

 

逆に展示会の場所を正しく選べない人は

絵は売ることはできません

 

それほど展示会の場所選びは重要なのです。

 

 

今日は展示会の場所選びと

絵が売れることについての関連性

お話ししたいと思います。

 

f:id:ilust504:20170325092829j:plain

 

あなたがこの記事を最後まで読んで

展示会の場所選びが大切な理由がわかり

それを意識できるようになったら、

 

これからあなたが展示会を開くときに

足を運んでくれるお客さんの人数は

今までの何倍も上がるようになり、

 

絵も売れるようになります。

 

f:id:ilust504:20170323082233j:plain

 

逆にこの記事を読まずに

展示会の場所選びの大切さに

気づくことが出来なければ、

 

あなたの展示会に足を運んでくれる人は来ず、

あなたの絵は見てもらえません。

 

 

そして、

 

見てくれる人がいなければ

絵を買ってくれる人もいないので、

あなたが展示会を開いたことは

無駄になってしまいます。

 

 

展示会を開くとき、

どのような場所で開けないいいのか

知っているか知らないかだけで

 

ここまで大きく変わってしまうのなら

知っていた方がいいですよね。

 

 

・洋食店で和食を食べる?

 

f:id:ilust504:20170325091051j:plain

 

 

ところで

あなたは展示会で力を入れるべきことは

何だと思いますか?

 

 

それは、絵の見せ方です。

 

あなたの絵をより一層引き立たせるような

シチュエーションであるかどうか

ということです。

 

 

どういうことかというと

たとえば和定食を食べにお店に

入ったとします。

 

f:id:ilust504:20170325092721j:plain

 

しかしお店の中は

アメリカンな、まぶしくて

ロックな音楽が流れていて、

ガチャガチャした雰囲気です。

 

 

 

料理が持ってこられました。

 

 

食べてみると味はとてもおいしいのですが

お店の雰囲気がまったく和ではないので

食事を楽しみ切れません

 

 

これが、料理がハンバーガーだったら

納得がいきますよね。

 

 

料理が絵に変わったらどうでしょうか

 

f:id:ilust504:20170324071814j:plain

 

あなたの絵に合った雰囲気の場所で

展示しないと、あなたの絵の良さは

半減以下になります

 

逆に、

 

あなたの絵に合った雰囲気の場所で展示すれば

絵の良さだけでなく

雰囲気の良さが相まって

あなたの絵の魅力が何倍も上がります

 

 

これが絵の見せ方です。

 

 

あなたが絵を

たくさんの人に見てもらいたい。

売りたいと考えているならば

 

まず展示会の場所選びを見直してください。

ちゃんとあなたの絵に合った雰囲気の場所

を選ぶことで

 

あなたの絵はたくさんの人に見てもらえて、

売れるようになります。

 

では今日もここまで読んでくださり

ありがとうございました。

 

リアルで絵を見てもらいたいなら・・・

自分の絵をSNSだけじゃなくて、リアルで誰かに見せたい。

でも、どこで見せたらいいんだろう…。

 

どうやって見せたらいいのかもわからないし…。

 

 

いざあなたが絵を描いて、

リアルで絵を誰かに見てもらいたいと決めていても

 

どこで、どうやって絵を見せたらいいのか

悩みますよね。

 

 

方法さえわかれば

一刻でもはやくこの絵をみんなに見てもらいたいのに!

 

f:id:ilust504:20170322090329j:plain

 

今日はリアルで絵を外に発信する方法

に悩んでいるあなたに、

絵を発信する手段をお伝えします。

 

あなたがこの記事を読むことで、

 

あなたはSNS上のみのやりとりから抜け出し、

リアルで見てくれる人の評価を直接聞くことができ、

 

絵を見てくれる人を増やすことができます。

 

 

しかし、

 

あなたがこの記事を読まず

今後もSNSだけであなたの絵を発信し続ければ

 

あなたはこの先も

見えない相手からの評価しかもらえず、

本当にあなたの絵が好きだという

ファンにも出会うことが出来ません。

 

たくさん絵を頑張って描いているのに、

本当にあなたの絵を欲しい!

と言ってくれる人に出会えなかったら

悲しいですよね。

 

f:id:ilust504:20170322090707j:plain

 

ところであなたは

SNS上だけで絵を発信することの

大きな落とし穴を知っていますか?

 

 

あなたは今まで

絵をSNS上で投稿して評価をもらったことが

何度もあるはずです。

 

 

ですが欲しいと思ってくれる人はいない

 

 

それは、

あなたの絵が画面越しでみられていることで、

あなたの本来の絵にフィルターが

かかってしまっているからです

 

 

例えば、

 

あなたがネットで服を買うとき、

写真だけではこの服は

どんな触り心地なのかわかりづらくて

購入をためらうことがあると思います。

 

 

つまり、 

 

SNSのみを使って絵の発信をしているうちは、

あなたの絵本来の質感を伝えるのは難しいです

 

f:id:ilust504:20170322232415j:plain

 

では、

 

どのようにしたら

あなたの絵の良さが伝わるようになるのか?

 

 

それは、貸画廊であなたの個展を開く

ということです。

 

 

貸画廊は、

画廊を借りるための費用がかかりますが

ほとんどの場合、

特別な審査もなく画廊を借りられます

 

 

簡単に個展を開くことが出来るので、

初めて個展を開く人におすすめです

 

f:id:ilust504:20170324091924j:plain

 

貸画廊を借りる際には、

事前にインターネットで

どのような貸画廊があるのかを

調べてください。

 

 

その中で、

あなたの気になる画廊が見つかったら

実際に足を運んでみましょう

 

気に入った画廊があったら、

その画廊のオーナーさんと

話してみてください。

 

個展を開く際のアドバイス

教えてくれるはずです。

 

f:id:ilust504:20170322231523j:plain

 

そうして個展を開けば、

来てくれるお客さんに

直接批評をもらえます。

 

そうすることで、

あなたの絵の良い点、悪い点が明確になり

ますますあなたの絵に

磨きをかけることが出来ます。

 

そのように成長していくあなたの絵を

気に入ってくれる人は増えます。

 

 

まずは、画廊を借りて

個展を開いてみてください!

 

 

では今日もここまで読んでくださり

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

ZINEをつくろう!~きれいめ編~

こんにちは、Megです。

 

 

ZINEを作ってみても、

どうもキレイに綴じられない…

 

頑張って作ったつもりでも

出来上がりが雑に見えてしまう

 

そう感じることってありませんか?

 

さて、前回の記事で、

発展させたZINEの作り方について

3つのうち1つをご紹介しました。

 

ilust504.hatenablog.com

 

今日はZINEの綴じ方に悩んでいる

あなたに向けて新たな作り方

ご紹介しようと思います。

 

 

あなたがこの記事を最後まで読んで、

ZINEの新たな作り方を身につければ、

 

あなたがZINEを作るときの

選べる綴じ方が増えます

 

 

そして今回紹介する綴じ方ならば

出来上がりもきれいに見えるので、

あなたのZINEの見栄えは

今までの2倍良くなります。

 

f:id:ilust504:20170322231457j:plain

 

 

しかし、

あなたがこの記事を読まず

綴じ方を1つしか知らなければ、

 

あなたはこの先も

あなたの絵にあった綴じ方を

選ぶことができず、

 

雑な仕上がりに見えるZINEを、

お客さんは手に取って見てくれません

 

あなた自身もZINEを作ることが

嫌になってしまいます

 

 

せっかく頑張ってZINEを作っても

誰にも見てもらえずスルーされる

なんて嫌ですよね。

 

f:id:ilust504:20170322232745j:plain

 

では、なんで雑に見えるZINEができるのか。

 

それは、紙の端を

きれいに揃えられていないからです。

 

 

絵の雰囲気は人それぞれ違います。

 

カジュアルな絵を描く人ならば、

端が揃えられていないZINEでも

かっこよく見えます。

 

そうしてわざと雑な綴じ方をする表現法もあります。

 

 

しかし、その綴じ方も

綺麗な綴じ方を知っているからこそ

できる技です。

 

雑に見えるZINEばかり作ってしまえば

変化のある、あなたらしいZINEは作れません

 

それよりもいかにきれいに見える

ZINEの作り方を身につけられるかが

大切になってきます。

 

 

つまり、

 

きれいなZINEの作り方を身につけられれば

あなたは絵の表現の方法を

増やすことが出来ます。

 

f:id:ilust504:20170323082356j:plain

 

ではどのようにすれば

きれいに見えるZINEが作れるのか?

 

それは、製本テープを使って

揃わない端を覆って隠してしまう

という荒技です。

 

製本テープを使うことで、

雑に見える端が見えなくなり

スッキリ、きれいな印象に変わります。

 

 

早速作ってみましょう。

 

用意するものは、

 

・あなたの絵

・製本テープ

・ホッチキス

・はさみ

 

f:id:ilust504:20170324084347j:plain

 

まず、

あなたの絵をコピーまたは印刷するときに、

絵が横に二つ並ぶように配置します。

 

(コピーの場合、詳細の設定でレイアウトを

設定することが出来ます。)

 

f:id:ilust504:20170324084403j:plain

 

コピーまたは印刷した紙を半分に折ります。

 

 

それをホッチキスで綴じます。

 

f:id:ilust504:20170324084419j:plain

 

製本テープを綴じた絵の幅に合わせて

切って、ホッチキスで綴じた部分を

覆うように製本テープを貼り付けます。

 

 

これで完成です!

 

f:id:ilust504:20170324084442j:plain

 

製本テープは東急ハンズなどで

様々な色が選べるので、

あなたの好きな色のテープで

試してみてください。

 

 

この記事を読んで、

ぜひZINEの作成に励んでくださいね

 

 

それでは、最後まで読んでくださり

ありがとうございました!

 

ではでは!

 

 

 

三日坊主でどうしようもないあなたでもできる”ダラダラ作業法”を特別に公開します・・・

「また今日も絵を描いてないな・・・」

「明日からまたやろう」

 

こんな風に忙しくて絵を描くのが続かなかったり

机に向かって絵の具や紙などの道具を

広げるのがめんどくさくて

絵を描くのが続かないことってよくありますよね。

 

イラストレーターとして頑張りたいけど

絵を描くのはめんどくさい。

 

f:id:ilust504:20170324071814j:plain

 

今日は絵を描くのが続かなくて

モヤモヤしているあなたに向けて、

 

どんな怠け者のあなたでも

毎日絵を描くのを続けられるようになる方法を

お伝えします。

 

あなたがこの記事を最後まで読んで

これからその方法を実践することが出来れば、

 

あなたは毎日コツコツと

絵を描くことができるようになり、

少しずつあなたの作品が増えていきます。

 

 

作品を増やせるようになったあなたは、

個展を開いたり、SNSで投稿したり

いつでもいろんな手段であなたの絵を外に発信でき、

 

絵を描くことに自信を持てるようになります。

 

f:id:ilust504:20170322090707j:plain

 

しかし、あなたがこの記事を読まず

気合でどうにかしようとすれば、

 

あなたはこの先も

絵を描くことを続けることができずに

 

あなたの絵をSNS上で発信することすら

いつまでたってもできないままです

 

 

あなたが参加できる

絵を展示・販売するイベントが

あなたの家の近くで行われることがわかっても

絵を描いていないあなたは、

 

作品を応募できず、

絵を描くのに費やす時間が無駄になり

絵が売れることもないまま

モヤモヤした日々を続けることになります

 

 

せっかく絵をたくさん売りたい

という夢があるのに

何も絵を外に発信できずに

ズルズルと時間が過ぎてしまうのは嫌ですよね。

 

f:id:ilust504:20170322091559j:plain

 

ではなぜあなたは

毎日絵を描くことを続けられないのか?

 

それは絵を描くとき

一度に多く描こうとしすぎるからです

 

人はモチベーションが高い日もあれば

低い日もあります。

 

高い時にはガンガンやればいいと思いますが、

そんな日は1年の中で数日あるかないかです。

 

その時にたくさん絵を描いたところで

作品も増えません

 

それよりもいかにモチベーションが低いときに

最低限の量の絵を描けるか

とても大切になってきます。

 

f:id:ilust504:20170322091407j:plain

 

つまり、

 

モチベーションが低いときでも

できる絵を描ければ

あなたは作品を増やすことが出来ます。

 

 

ではどのようにすれば

最低限の量の絵を描くことが出来るのか?

 

それは自分の中で

「この時間だけはこの絵を描く」

という風にルールを決めることです。

 

このルールを決めることによって

その時間だけはちゃんと絵を描くようになります。

 

 

そして、そのルールに二つ条件があります。

 

 

それは10分以内に終わること

それとすぐに始められること

 

 

この二つです。

 

 

例えば、寝る前の10分は

この絵を描こうみたいな感じです。

 

f:id:ilust504:20170324072042j:plain

 

そのルールを決めて

毎日絵を描く癖をつければ

 

あなたは外に発信できる作品を

増やすことができます。

 

 

ですので、

 

外に発信できる作品を増やして

絵をたくさんの人に見てもらいたい

と思っているあなたは

 

 

今すぐに紙とペンを用意

描く絵のお題を書く

毎日どのタイミングで

10分絵を描くのかを書く

 

 

この3ステップでやるべきことを

明確化してください。

 

明確化することで

人はちゃんとルールとして認識します。

 

 

では今日もここまで読んでくださり

ありがとうございました!

絵をたくさんの人に見てもらうための秘訣

こんにちは、Megです。

 

f:id:ilust504:20170323082201j:plain

 

いざ個展を開こうと思ったときに、

どんな個展にしようか

イメージがわかなければ、

 

個展を開くためには

どんな準備が必要かわかりませんよね。

 

 

そこで私は、

最低10個のギャラリーに、

あなた自身がお客さんとなって

足を運んでみることをオススメします。

 

f:id:ilust504:20170323082233j:plain

 

いろんなギャラリーに足を運べば、

いろんな人の作品を見ることができて

あなたに刺激を与えるだけでなく、

 

あなたの他にどんなお客さんが

そのギャラリーに足を運ぶのか

知ることができるからです。

 

 

ギャラリーによって

来るお客さんの属性は

まったく違うと思います。

 

 

その違いを知ることは、

あなたが絵を外に発信するときに

とても重要になります。

 

 

逆にこの違いを知らなければ、

 

あなたが個展を開いても、

間違った展示の仕方で

お客さんが全く来ない

という悲しい状況になってしまいます

 

f:id:ilust504:20170323082335j:plain

 

あなたが行くギャラリーの中で、

あなたの絵に近い作品が置いてある

ギャラリーが見つかるはずです。

 

 

そういったギャラリーでは、

作品をどのようにレイアウトして

展示しているのでしょうか

 

 

また、どのようなお客さんが

その作品を見に来ているのでしょうか

 

 

あなたが作品を展示、

販売するときのヒントが

他の人のギャラリーには

ぎゅっと詰まっています

 

f:id:ilust504:20170323082356j:plain

 

この記事を読んだら、

さっそく1週間に2個は

ギャラリーに足を運ぶ

という習慣を身につけてください。

 

 

10個ほどギャラリーに行ったところで、

あなたの絵にあったギャラリーが

見つかるはず。

 

 

そうしたら今度は、

あなたの絵にあったギャラリーに

ターゲットを絞って

 

似た雰囲気のギャラリーを

新たに探して足を運ぶと、

よりあなたが絵を外に発信するときのイメージが

湧きやすくなります。

 

 

ぜひ試してください。

 

 

それでは、今回も最後まで読んでくださり

ありがとうございました!

イラストレーターを本気で目指していない人は見ないでください

こんにちは、Megです。

 

 

 今回のお話をする前にまず1つ、

お断りがあります。

 

 

それは、今回の記事は

イラストレーターを本気で目指している人だけ

向けたお話だということ。

 

 

ですので、

イラストレーターを本気で目指していない方は、

これ以降の文章を読むのはご遠慮ください

 

f:id:ilust504:20170322231753j:plain

 

さて、今この文章を

読んでくださっているということは、

あなたは本気でイラストレーターを目指す覚悟を

決めているのですね。

 

 

素晴らしいです。

 

 

今回の記事でお話したいのは、

本気でなければイラストレーターになれない

ということです。

 

 

安心してください。

ここまで記事を読んでいるあなたは

本気でイラストレーターを目指している

という条件を既にクリアしています。

 

f:id:ilust504:20170322232337j:plain

 

ではなぜ本気であることが重要なのか?

 

 

イラストを欲しがる、もしくは依頼する側は、

あなたの絵を見るときに、

求めている絵かどうかということだけでなく

熱意を持って絵を描いているか

 

すなわち、本気になって絵と向き合っているか

という部分もしっかり見ているからです。

 

f:id:ilust504:20170322232415j:plain

 

例えば、誰かに仕事を頼むとき

あなたの目をしっかり見て、輝いた目で

 

「まかせてください!」

 

と言われれば、

その人に仕事をお願いしたくなりますよね?

 

 

絵でも同じです。

 

絵の場合はそれが、

線の描き方色の塗り方などに現れるのです。

 

f:id:ilust504:20170322232745j:plain

 

 本気で絵を描かなければ人に、

欲しい!

と思わせるような絵を描くことが出来ません。

 

 

逆に言えば、

本気で絵を描き続ければ

あなたの絵を気に入って、

欲しいと言ってくれる人は必ず現れます!

 

 

ここまで記事を読んでくださったあなたは、

本気で絵と向き合う覚悟が備わっています。

自信を持って、

これからも絵を描くことに励んでください!

 

 

それでは、最後まで読んでくださり

ありがとうございました!

あなたのZINEにスパイスを

こんにちは、Megです。

 

 

これまでの記事で、

あなたの絵を外に発信する手段として

ZINEに関する情報をいくつかご紹介してきました。

 

 

そして、今回は

手にとって見てもらいやすいZINE

見てもらわれにくいZINEとの差について

お話しようと思います。

 

 

↓↓これまでのZINEに関する記事はコチラ↓↓

 

・ZINEをつくろう!~カジュアル編~

http://ilust504.hatenablog.com/entry/2017/03/22/095948

 

・あなたの絵が認められるためにはこんな秘密が隠されていた!

http://ilust504.hatenablog.com/entry/2017/03/22/090902

 

・自分らしさって・・・

http://ilust504.hatenablog.com/entry/2017/03/21/101350

 

f:id:ilust504:20170322231422j:plain

 

あなたの絵を冊子にまとめたものならば

なんでもZINEになるとお話しましたが、

 

その中でも、「あるもの」があるZINEは、

ないZINEに比べて

手にとって中までしっかり見てくれる人の数が

3倍も多いことがわかっています。

 

 

これだけ差が出るのならば、

「あるもの」は絶対加えておきたいですよね。

 

 

今回は「あるもの」の秘密を

あなたにズバリ教えてしまいましょう!

 

f:id:ilust504:20170322231442j:plain

 

あなたがこの記事を読んで、

その「あるもの」をあなたのZINEに加えれば

あなたのZINEは、加える前よりも

3倍の人の興味を引くようになります

 

 

逆に、この記事を読まずに

「あるもの」を加えなかったら、

 

いつまでも、

いつ現れるかわからないお客さんを

待ち続けることになります。

 

f:id:ilust504:20170322231457j:plain

 

せっかくZINEを作っても、

しっかり中まで見てもらえず

スルーされたら悲しいですよね。

 

 

わかったから、もったいぶらずに

はやく「あるもの」がなにかを教えてくれって?

 

 

まあまあ焦らないで、

 

という冗談はさておいて…、

 

 

ではお教えしましょう!

 

f:id:ilust504:20170322231523j:plain

 

 

「あるもの」とはズバリ「文字」のことです!

 

 

あなたのZINE、絵だけで構成されていませんか?

実は、ZINEを見に来るお客さんのたいていは

絵をよくわかっていません

 

絵だけ見て、この絵が何なのか想像してください

と言われてもできない人の方が多いです。

 

 

あなたは美術館に行ったことがあるでしょうか。

大抵の絵には、題名が付けられています。

 

題名があることで、

絵に込められた物や事をイメージしやすく、

その絵に対する興味も沸いてくるものなのです。

 

f:id:ilust504:20170322231556j:plain

 

これをZINEでも応用しようというわけです。

最低限、絵のタイトルを添えてみましょう

 

もっと書ける人は、

その絵に関するエピソードなんかも入れると、

絵を見る人があなたの絵に興味を持ちやすくなります。

 

 

今からぜひあなたの絵に題名を付けてみましょう!

ZINEを作るときには、

その題名も忘れずに入れてあげてくださいね。

 

 

そうすることで、

あなたのZINEの魅力がぐっと上がります!

ぜひ実践してみてください!

 

 

それでは、最後まで読んでくださり

ありがとうございました!

 

それでは。