読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネタが尽きたら○○せよ!

こんにちはMegです。

 

 

絵を描かなくちゃいけないけど何を描こう…

ああ、今日は思いつかないから描くのやめよう

 

f:id:ilust504:20170322091334j:plain

 

あなたは絵を描いていて、

このように思うことがたくさんあるはずです。

 

いざ机やパソコンを目の前にして

絵を描こうとしている時にそうなると

最悪ですよね。

 

 

絵を描く気が起こらない…。

 

そんな誰もが通る

絵を描くときのアイデア不足について、

 

1日あることをするだけで

あなたが描ける絵の量が

何倍も増える方法を伝授します。

 

f:id:ilust504:20170322091407j:plain

 

あなたがこの記事を最後まで読んで

描ける絵の量を増やす方法を

身につければ、

 

毎日コツコツと

絵を描くことを定着させることができ

あなたをアピールできる絵の量を

増やしていくことができます

 

 

しかし、あなたがこの記事を読まずに

やる気が出たときに絵を描こうという習慣を

身につけてしまうと

 

いつまでたっても

あなたらしい絵を確立させることはできず

次第に絵を描くことに対するやる気も失われ

ただ無駄に時間だけが過ぎて行ってしまいます

 

 

f:id:ilust504:20170322091458j:plain

 

あなたと同じように

絵の仕事を始めたいと思っている人が、

どんどん絵を描いて周りに認められていくのを

ただ指をくわえて見ているだけなのは嫌ですよね。

 

 

ところであなたは

こんな子供を見たことがありませんか

 

絵を描くときに

まずお母さんとお父さんを描いて、

その横に意味もなくただ目の前にあった

ぬいぐるみを描いて、

 

「これがママでこれがパパ!」

「これはうさたん(ぬいぐるみ)!」

 

こんな風に目の前の人や物を描いたり

思いついたものを意味もなく描いて

並べてみたり…、

 

子供の発想は自由です。

 

f:id:ilust504:20170322091522j:plain

 

 

ときにはあなたも童心に帰って、

目の前にあるものを

レイアウトは気にせずに描いてみてください

 

 

目の前にあるものを一つ一つ描いて

普段から絵に変える練習をし

絵にして表現できるネタをストックしていけばいいのです。

 

そして、

描くのが苦手なものが目の前にあったときは、

その場で5~10回描いてみて練習してください

 

 

これを毎日コツコツ続けていくだけで

あなたの目の前にあるものはほぼどれでも

あなたの絵に変えてしまうことができるようになります

 

f:id:ilust504:20170322091559j:plain

 

想像したものを絵に変えるよりも実践的で

あなたらしい絵の描き方を定着させるのにも

とても効果的です

 

 

なので、あなたがあなたらしい絵を

描けるようになりたいのであれば、

 

今から目の前にあるものを3つ

描いてみてください。

鉛筆でも消しゴムでも、

あなたの手でも構いません

 

 

まず描いてみましょう。

 

 

では今日もここまで読んでくださり

ありがとうございました!