読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーターを本気で目指していない人は見ないでください

こんにちは、Megです。

 

 

 今回のお話をする前にまず1つ、

お断りがあります。

 

 

それは、今回の記事は

イラストレーターを本気で目指している人だけ

向けたお話だということ。

 

 

ですので、

イラストレーターを本気で目指していない方は、

これ以降の文章を読むのはご遠慮ください

 

f:id:ilust504:20170322231753j:plain

 

さて、今この文章を

読んでくださっているということは、

あなたは本気でイラストレーターを目指す覚悟を

決めているのですね。

 

 

素晴らしいです。

 

 

今回の記事でお話したいのは、

本気でなければイラストレーターになれない

ということです。

 

 

安心してください。

ここまで記事を読んでいるあなたは

本気でイラストレーターを目指している

という条件を既にクリアしています。

 

f:id:ilust504:20170322232337j:plain

 

ではなぜ本気であることが重要なのか?

 

 

イラストを欲しがる、もしくは依頼する側は、

あなたの絵を見るときに、

求めている絵かどうかということだけでなく

熱意を持って絵を描いているか

 

すなわち、本気になって絵と向き合っているか

という部分もしっかり見ているからです。

 

f:id:ilust504:20170322232415j:plain

 

例えば、誰かに仕事を頼むとき

あなたの目をしっかり見て、輝いた目で

 

「まかせてください!」

 

と言われれば、

その人に仕事をお願いしたくなりますよね?

 

 

絵でも同じです。

 

絵の場合はそれが、

線の描き方色の塗り方などに現れるのです。

 

f:id:ilust504:20170322232745j:plain

 

 本気で絵を描かなければ人に、

欲しい!

と思わせるような絵を描くことが出来ません。

 

 

逆に言えば、

本気で絵を描き続ければ

あなたの絵を気に入って、

欲しいと言ってくれる人は必ず現れます!

 

 

ここまで記事を読んでくださったあなたは、

本気で絵と向き合う覚悟が備わっています。

自信を持って、

これからも絵を描くことに励んでください!

 

 

それでは、最後まで読んでくださり

ありがとうございました!