読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自信がついたら○○で絵を見せよう!

画廊を借りて個展を開いてみたけど

たくさんお客さんが来てくれた

 

個展は開いたことないけど、

SNSではたくさんいいねをもらっているから

リアルでもっと絵を発信したい

 

 

今日はそんなあなたのために

さらなる絵の発信の仕方をご紹介します。

 

f:id:ilust504:20170325103431j:plain

 

あなたがこの記事を最後まで読んで

新たな絵の発信の仕方を習得すれば、

あなたの絵は今より確実に多くのお客さんに

見てもらえるようになり、

 

あなたの絵は確実に売れます。

 

 

しかし、

もしあなたがこの記事を読まずに

今の状態で満足してしまっていては、

 

あなたの絵は、本当に欲しい

と思ってくれる人の手に渡らず、

絵が売れる数も半減以下です。

 

 

せっかく、

あなたの絵をたくさん見てくれる人がいても

気に入ってくれて、欲しい!

と言ってくれる人が現れなければ、

 

イラストレーターにはなれません。

 

 

・個展を開くということ

 

 

ところで、私は前回の記事で、

個展を開くという方法をご紹介しました。

 

ilust504.hatenablog.com

 

その中でも、あなたは企画展というものを

知っていますか?

 

企画展とは、

画廊が主催して個展を開催するものです。

 

出展するのに費用がかかりませんが、

作品の売り上げの5割程度が画廊の取り分となります。

 

すなわち、簡単に言えば

出展者の作品の売り上げで運営する個展

という感じです。

 

・大切なのはあなたの作品の質だけじゃない

 

f:id:ilust504:20170325102735j:plain

 

では、企画展にはどのように

出展すればいいのか?

 

 

先ほども言ったように、

企画展は出展者の作品の売り上げから

運営費を賄っています。

 

 

つまり、企画展を開くということは

その出展者さんの作品が売れることが前提です。

 

 

そのため、出展するためには

あなたの絵が売れる絵であることを

オーナーさんにアピールしなければなりません。

 

 

ここで、アピールするときに大切なポイントは

 

あなたがどれだけ本気で

企画展を開きたいかという意欲を

見せる

 

ということです。

 

多くのオーナーさんは、

作品の質も当然見ますが

おおよそその「意欲」

採用を決めるか判断するそうです。

 

 

作品をたくさん持って行ったり、

大きなファイルに作品を入れて

パワーがあることをアピールしたり、

 

オーナーさんを驚かすようなアピールの仕方

を考えると採用される確率は、

ただ作品を見せるときの

何倍も上がります。

 

f:id:ilust504:20170322091407j:plain

 

まずはネットで、

「企画展 取り扱いギャラリー」

で検索してみましょう!

 

あなたに合った企画展が見つかるはずです!

 

 

では今日も最後まで読んでくださり

ありがとうございました。