読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZINEを置くなら~サブカル系~

ZINEを作って置くって決めたはいいけど、

どこに置いたらいいのかわからない…

 

そもそも、どうやったら

置かせてもらえるのかわからないし…

 

 

今日は、ZINEを作っても、

置く場所や方法に困っているあなたに向けて

 

ZINEを置いて売るまでの流れをご紹介しようと思います。

 

f:id:ilust504:20170325111240j:plain

 

この記事を読んであなたが

ZINEをどこに置いて

どうやって売るのか流れを理解すれば、

 

あなたは今後どんどんZINEを売って、

たくさんの人にあなたの絵を

見てもらえるようになります。

 

そうすれば、

あなたの絵を気に入って

欲しいと言ってくれる人が

現れるようになります。

 

 

しかし、

あなたがこの記事を読まずに

ZINEの売り方を理解しなければ、

 

あなたはいつまでたっても

あなたの絵を人に見てもらうことが出来ず、

ZINEを作ったことが無駄に思えて

 

絵を描くことすら

めんどうになってしまいます。

 

それではイラストレーターになることは

あり得ません。

 

 

・ZINEを置く場所にもジャンルがある

 

ところで、前回の記事で

絵にはジャンルがあるため

置く場所を考えなけらばならないと

お話ししました。

 

ilust504.hatenablog.com

 

そこで今回は、

サブカル系のZINEを置くための方法を

ご紹介していきます。

 

 

ZINEを置くためには

ZINEを置かせてもらえるお店を

まず見つけなければなりません。

 

 

ではサブカル系のZINEはどこで

置かせてもらえるのか?

 

 

私が今回おススメするおすすめはこちらの

タコシェというお店です!

 

tacoche.com

 

 東京の中野にあるお店で、

普段一般の書店では並ばないような書籍や

作家さんが作ったポストカード、缶バッチなどを

取り扱っているお店です。

 

ここではZINEも取り扱っていて、

無料でZINEを置かせてもらえるので

初めてZINEを置くのなら

まずこのお店がおすすめです。

 

・出品までの流れ

 

まず、電話か直接お店に行って、

ZINEを置かせてもらいたいということを伝えます。

 

直接お店に行く時には、

出来上がったZINEがあると

お店の人も採用するのに判断しやすいので

持っていきましょう

 

 

その後、採用が決まったら

何部、何円で売るかを設定します

 

例えば、5部を1部500円で売る

という感じです。

 

 

値段と何部売るか決まったら

納品書を書いて、納品します。

 

これでZINEを置くことが出来ました!

 

タコシェさんでは最長半年

ZINEを置かせておらえます。

定期的に電話をして

何部残っているのか確認しましょう。

 

 

ZINEの詳しい出品方法は

こちらの、タコシェさんのサイトでも

説明が載っているので

ぜひ参照してください。

 

tacoche.com

 

さっそくタコシェさんのサイトを見て、

電話もしくは直接足を運んでみましょう!

 

 

それでは、最後まで読んでくださり

ありがとうございました。